So-net無料ブログ作成
検索選択

自分流、ブレンドハーブティーはいかが? [ハーブティーを入れる]

ハーブティーの種類の中には「ドライ」と言う種類があります。分かりやすく言うと、緑茶の様に乾燥させたハーブの事を言うのですが、大体は真空パックの物に入っているか、ジップが付いている袋に入って売られていて、湿気から防ぐようにして売られています。

もちろん、ハーブティーを飲むのに簡単なのはティーバッグですのでそれもいいのですが、もし違った味が欲しいなって思ったら袋に入ったドライハーブを使ってハーブティーを入れてみても良いと思います。良く考えるとハーブティーも緑茶も同じような感覚で入れる事が出来ると言う事ですので難しく考える必要は無いと思います。

淹れ方ですが、1杯のお茶を入れる為にはハーブをティースプーン2杯位ポットに入れて少し(だいたい3〜5分ほど)蒸らしてください。そして温めたカップに注ぐと美味しく頂けます。これが一般的な入れ方ですが個人によって好みが違うと思いますので色々試しながら好みの味を探して行ってみましょう。

ドライハーブを使うメリットとしては色んなハーブを自分の好きな様にブレンドする事が出来ると言う事です。これで美味しく入れる事が出来ると何とも言えない喜びを感じる事が出来るのではないかと思います。また、ティーバッグよりは価格もお手頃ですので手軽に購入する事も出来ると思います。
ただハーブティーを入れると言うのも良いのですが、このようにブレンドをしてみて自分オリジナルのハーブティーを作るのもハーブティーの楽しみ方の一つだと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。