So-net無料ブログ作成
検索選択

ハーブティーの効能;女性特有の悩み月経と美容 [ハーブティーの効用]

ハーブティーに期待できる効能について挙げてみたいと思います。是非参考にしてみてください。
 
【月経に関する効能】
ハーブティーの効能には月経に関するトラブルに対応出来る物があります。生理不順が改善されたり、月経痛が和らぐようになったりと言う効能です。

月経に関するトラブルに慢性的に悩んでいる女性は本当に多いと思います。近年、女性の社会進出やそれに伴う精神的なストレス等が原因になり月経トラブルの一因となっているみたいなのです。

そんなトラブルがハーブティーを飲む事によって多少でも改善されると言うなら是非飲んでみたいと思いますよね。

月経に関するトラブルに効果があるハーブは以下の通りですのでそのハーブが混ざっているハーブティーを試してみてください。

・ジャーマンカモミール
・マリーゴールド
・アンゼリカ
・ラズベリーリーフ
等です。まだたくさんのハーブに効果が期待できると思います。

美容に関する効能】
ハーブティーには心身に効果が出るものだけではなく、美容面に効果が期待できるハーブもあります。代表的なハーブはローズヒップですが、これにはビタミンCがレモンのおよそ20倍も入っているらしく美肌効果抜群です。
またビタミンCだけではなく、ミネラル等が含まれているハーブもある為、効果を期待できます。

ハーブは自然の物ですのでそれだけで身体に良いと言う感じがしますよね。身体に良くて更に美容にも効果があるとしたら是非試してみたいと思いませんか。


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

妊婦やママになったときに....... [ハーブティーの効用]

アロマテラピーとかハーブなどは自然の物を使っているので基本的には身体に害が無く安心なのですが、妊娠中や授乳中の方は万が一の為に気を付けなくてはいけません。
 
よく妊娠中の時はカフェインを取らないようにする必要がありますと言う注意をされる事があります。コーヒーやお茶などカフェインが含まれている物を摂取するのは控えた方がいいと言うことです。ハーブティーに関して言えばカフェインが含まれている物と言うのは無いのですが、ハーブティーの飲み過ぎには注意する必要があります。また妊娠中や授乳中の人に限らず、赤ちゃんに飲ませる場合、高血圧の人、何か病気を患っている人なども飲み過ぎには注意する必要があります。
また、何も無い人でも大量に飲み過ぎるのは止めておきましょう。
 
逆に妊婦に良いと言われているハーブティーもあります。それが「ラズベリーリーフ」と言うハーブです。これをハーブティーにして飲んだ場合の効果としては子宮と骨盤の筋肉、つまり出産に必要な筋肉を正常な状態にしてくれると言う効果があります。また、出産後は母乳が良く出る様になると言われています。
それでも、飲み過ぎると子宮を刺激してしまう可能性がありますので、やっぱり飲み過ぎには注意するようにしましょう。心配だけど飲みたいと言う場合は、飲む前にお医者さんに相談してから飲むようにする事をお勧めします。

やはり妊娠中・授乳中は何が影響してしまうか分かりませんので、細心の注意を払った方がいいと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

簡単、美味しいはーぶてぃーを入れる、の巻♡ [ハーブティーを入れる]

ハーブティーを自宅で入れてみてはいかがでしょうか。難しい事は有りません。簡単ですので是非挑戦してみてください。ハーブティーを入れる時に使う道具としては、ティーポットとティーカップ、茶こし等があると良いと思います。雰囲気を出すために耐熱ガラスで中身が見えるような透明なティーポットやティーカップを使う方が色も楽しみながら飲む事が出来ると思います。また、砂時計なんかもあるとハーブを蒸らしている時間なども楽しむ事が出来ると思います。

【ティーパックでハーブティーを入れてみる方法】
ティーパックでハーブティーを入れる方法がありますが、これは普通の紅茶などであるティーパックと同じ方法で入れる事が出来ます。

最初にティーカップを温めておきましょう。そこに沸騰したお湯を注いでティーパックをその中に入れて蓋をし、3〜5分ほど蒸らしておくだけで飲む事が出来ます。
蓋を取った時ハーブの良い香りがすると思いますので、その香りも楽しむようにしましょう。

アイスのハーブティーを入れてみる方法】
ハーブティーは温かい物ばかりではありません。冷たい物も入れる事が出来ます。夏など暑いときには冷たいハーブティーを飲むのもお勧めです。
入れ方は基本的にはホットと一緒なのですが、ハーブの分量を倍位にするか、お湯の量を半分にするなどしてホットの時より2〜3倍濃い目に作るようにすると調度良く頂けます。その時に氷を使って冷やすと濃く作ったのが調度良く薄まる様になります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

こんな風に、はーぶてぃーがいいんだ!の巻 [ハーブティーの効用]

ハーブには色々な効果を期待する事が出来ます。また自然な物ですので、日常的に使っている量なら危険値にはならないので安心して使う事が出来ます。但し妊娠中の場合はこの限りではないので注意する必要があります。ここでは各ハーブがどういった効果をもたらす事が出来るのかハーブ別に記述してみたいと思います。
気に入った効果があったら摂取しやすいハーブティーなんかで召し上がってみてください。

【カモミール】
カモミールは特に人気があるハーブで、フランスやドイツなどでは子供にとっての万能薬と言われている位、薬としても重宝されているハーブです。効果としては心身の不調、女性特有の病気への効果、更年期の改善、整腸作用、アレルギー改善など本当に色々な効果が期待できる万能薬です。

カモミールをハーブティーにして飲む事で体を心から温める事が出来ますし、精神的に落ち着いた感じに出来ます。

【セージ】
セージは消毒や抗菌作用などがあり、お肉などの保存を長くする事が出来ます。また古来より浄化作用があるとも言われていて神秘的な部分も持っています。更に昔は病気の治療にも役立てていたようで、解熱効果、消化不良改善などに作用します。このハーブは香りが強い為に少量を使うだけでも効果があります。

【ハイビスカス】
これは花と言うよりは食用で栽培されているハーブの物をさしていて、美容効果もありますし、新陳代謝が良くなったりもします。
ローズヒップと組み合わせる事で更なる美容効果が表れると思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

はーぶてぃーを、おいしく飲む!の巻♤ [ハーブティーを入れる]

ハーブティーを飲むのって大変なんて思っていませんか?ハーブティーは手軽に飲めますし、何と言っても自分の好きな様に淹れて飲んでみるのが一番だと思います。ですから蜂蜜を入れても良いですし、ミルクやレモンなどを入れても良いと思います。自分が美味しいと思える方法で飲んで下さい。

次にハーブは一度淹れてしまったらもう駄目なのか?と言う事ですがハーブティーで使用する場合、二回まで淹れる事が出来ます。それ以上だと香りも味も薄くなってしまいますので複数回使うのであれば2回までにしておくようにしましょう。また使ったハーブはただ捨ててしまうともったいないので、ガーゼか何かにまとめて入れてお風呂に入れてみてはどうでしょうか。ちょっとしたハーブバスが味わえると思います。

次にハーブにはドライ(乾燥)とフレッシュ(生)がありますので飲み比べをしてみてはいかがでしょうか?よく出ているハーブとしては「カモミール」がありますがドライとフレッシュだと香りが全然違うそうでフレッシュのほうがお勧めです。

しかしドライハーブは香りが豊かな物が多く、ホッと一息つくには最適だと思いますし、フレッシュハーブは香りがちょっと青臭かったりするのもあるようです。こればかりは好みだと思いますので是非飲み比べて好みを見つけてみてはいかがでしょうか。

またハーブティーは飲み始めの時、淹れていてあまりにも色が出ないからついつい煎じすぎてしまって濃い目に抽出してしまいがちですが、初めは濃いと美味しいって感じないと思いますので徐々に慣れていく為に出し過ぎには注意しましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。